Chatwork Creator's Note

ビジネスチャット「Chatwork」のエンジニアとデザイナーのブログです。

ビジネスチャット「Chatwork」のエンジニアとデザイナーのブログです。

読者になる

スクラム の検索結果:

Chatwork総出でスクラムフェス大阪2022に参加します (登壇者2名!)

… 18日に開催予定のスクラムフェス大阪 2022にChatworkで活躍するスクラム実践者が総出で参加します! www.scrumosaka.org Chatworkから2名が登壇します! スクラムフェス大阪2022 では、Chatworkから2名のプロポーザルが採択されました。 6月18日 13:25~ 大阪トラック 「組織開発のためのスクラム 〜 エンジニアと人事が協働して組織課題に立ち向かうための方法論を探る 〜」 confengine.com 私は Chatwork …

DevHRチームのスクラムは、どう回しているのか?

…チームなチーム構成、スクラムやってるよ、くらいの簡単な紹介をさせていただきました。DevHRという構成が世間一般から見てめずらしいのか、社内外から多くの質問をいただきました。上記記事をきっかけとして、Meetyでの面談もいくつかさせていただきました。 DevHRというチームへの関心の高さを実感しました。 今回、DevHRがスクラムをどう回しているのかといった、より具体的な方法について紹介します。上記ブログの詳細な部分の紹介になります。まだ上記ブログを読んでいない方は、読んだ上…

フロントエンド開発部のミッションステートメントを作りました。

…Chatworkではスクラムを積極的に導入しており、フロントエンド開発部でも実施しています。 スクラム導入の目標として「チームの自己組織化」を目指していますが、これは「開発のライフサイクルに関する意思決定をチームに委譲し、スクラムチームが自律して課題を解決できる状態を目指す」と定義しています。 これまでマネージャーとして自己組織化に取り組んできた中で、運用フローの共通化やモブプロによる属人性の解消など、日常的な運用に関しては自律して動くことができるようになってきました。 次の…

スクラム研修を受けてきた

…と共に学びを深めて、スクラムを実践に生かすきっかけを作る」を目的にしました。自分だけで学びを深める方法もありますが、今回は有識者と実践者の方々と共に学びを深めることを重視しました。あくまで受講は学びと実践の出発地点ということで。 A-CSM(アドバンスド認定スクラムマスター) CSM(認定スクラムマスター)はすでに持っていたので、今回はA-CSM(アドバンスド認定スクラムマスター)を受講しました。 スクラムマスターとは スクラムマスターの定義は以下。 スクラムマスターは、スク…

半年でPHPのエラー通知を撲殺しまくった話

…ラー監視/対応」からスクラムチームを守る振る舞いをしてみようと思いました。 組織開発の観点で自分は経験が浅いところもあり、組織パターンのフィールドワークによってチームやチーム間のフォースに変化があるのか、それとも何も変わらないのか、観察してみようという個人的な興味もあったのは事実です。 さて、そこで「PHPエラー撲殺部」という部活を立上げ、PHPエラー通知を倒しはじめてみました。 エラー「撲滅」という穏やかなワードではなくエラー「撲殺」というパワーワードを採用したのは、過去の…

Chatwork 中長期プロダクト構想について

…では3チームで同時にスクラムを回しながら運営が出来ております。 基盤刷新Prjについては、来年どこかのタイミングで詳細を皆様にお届けしたいと考えてます。 Chatwork社でのScrum@Scale体制 CTO室の設置 事業全体戦略としてスーパーアプリ構想を掲げているのですが、 Chatwork単体の短期的アップデートに終始してしまい、中長期の視点で戦略を描く組織ファンクションがない 既存組織以外の組織ファンクションが必要になった場合にスピーディーに立ち上げれない という大き…

フロントエンド開発部で LT ハッカソンを開催しました!

…トエンド開発チームでスクラムマスターをしています。 先日のブラックフライデーセールでワインを買い込み、年越し準備は万端整いました。 この記事は Chatwork Advent Calendar 2021 23 日目の記事です。 qiita.com 今日は、部署で実施した LT ハッカソンについて、実施の経緯から、どのように開催したか、開催してどうだったか、といった点をご紹介したいと思います。 開催の経緯 Chatwork のフロントエンドと聞いて? 突然ですが、みなさんは C…

Chatwork WebのUIに1つ1つ丁寧に名付けをしている話(ユビキタス言語検討会について)

…になりました。 個人的に、同じ言葉を使うことは、コミュニケーションコストを下げる効果だけではなく、帰属意識や愛着形成にも影響があると考えています。開発、営業、ユーザーで、同じ物を見て同じ言葉で会話できる世界になったらとても素敵じゃんと。 これからもっと愛される製品になるように、開発もユビキタス言語策定も頑張っていきたいと思っている所存です。 明日は、同じフロントエンドチームでスクラムマスターをしている西口さんの、先日部内で行ったLTハッカソン会についての記事です。お楽しみに!

PHP開発現場でスクラムっぽいことをやってきた話

…として地に足のついたスクラムを回してみようと、PHPの現場で右往左往してきた話と、今後どのようにチームを成長させていけばいいのか、という個人的なまとめを紹介させていただきます。 Chatwork入社以前 やまざきは、開発チームメンバーとして3年ほどスクラムを経験しました。 毎回のコミットメント未達、カイゼンアクションの飽和状態とアクション未達。各イベントのタイムボックス超過。正直なところ、上手く回っていないチームでした。 しかし今になって思えば『貴重な失敗経験』だったと思って…

フロントエンド開発部の業務を紹介します

…を1スプリントとしてスクラムで開発をしています。 そのため、2週間ごとにスプリントの開始日にスプリントプランニングを行っています。 ここでは、PMからこのスプリントでユーザーにどのような価値(機能)を提供したいかを確認して、それぞれにタスクを割り振っていきます。 どれくらいのタスクをスプリント内に含めるかは、これまでのスプリントで達成できたベロシティをもとに今スプリントでの稼働日などを考慮しながら決定しています。 ちなみに、後ほど出てきますがスプリント準備の段階で各タスクの見…

モバイルアプリ開発チームをプラットフォーム横断で分割した話

…た、モバイルチームのスクラム開発をどのように強化していったのかを書きます。 チームを分けたきっかけ iOSチームとAndroidチームに分けたときに見えてきた課題 1. iOS/Androidアプリが色々違っている デザイン、機能仕様のずれ ユースケースのずれ 2. リソースに偏りがある 新チームでの運用をはじめてみた 1ヶ月経過 〜 出てきたコミュニケーション課題 2ヶ月経過 〜 期日に追われる日々 5ヶ月経過 〜 チームっぽくないチーム 8ヶ月経過 〜 目標に向かって進め…

モバイルアプリケーション開発部で1泊2日の部署合宿をしたって話

…ート。モバアプ部ではスクラムに取り組んでおり、 チームに分かれてのレトロスペクティブを行いました。 私のチームでは今回のスプリントで感じた、モヤモヤ、内省したこと、嬉しかったことについてそれぞれ付箋で書き出し、そこから改善点などを話し合いました。 嬉しかったこと欄には「今回の部署合宿ができてよかった」という声がたくさんありました。 また、私たちのチームでは属人化しているところを解消するために最近モブプロを行っており、「とても勉強になる」「やっていて楽しい」との声もありました。…

人事とエンジニアがワンチームなDevHRについての紹介

…ム構成 DevHRはスクラムチームとして結成されており、日々のタスクをスクラムの枠組みで取り組んでいます。 私はDevHRのスクラムマスターとして、メンバーがスクラムのフレームワークをうまく回せるように支援をしています。 特に、人事の方々はアジャイルやスクラムといった考え方にあまり馴染みが無いことが多いので、実践を通じで体感してもらい、感覚を掴んでもらいました。 このように、DevHRを作り「スクラムで」かつ「チームとして」人事活動を取り組んだことで、以下のような利点が出てき…

プロダクトオーナーをやっている

…1年4月から、とあるスクラムチームのプロダクトオーナーを担当させていただくこととなり、8ヶ月ほど経ちますので、これまでやってきたことを書こうと思います。 これからプロダクトオーナーをご担当されようとされている方、今まさしくご担当されている方の、何らかのご参考になる部分がありますと幸いです。 プロダクトオーナーとは スクラムガイドから引用いたします。 https://scrumguides.org/docs/scrumguide/v2020/2020-Scrum-Guide-J…

ChatworkにおけるScrum@Scale導入への挑戦

…んでいるスケーリングスクラムについて書いてみようと思います。 先日開催された Chatwork DevDayでもお話したのですが、現在我々はChatworkのリアーキテクティングプロジェクトにおいて、Scrum@Scaleの導入を進めています。 www.youtube.com Scrum@Scaleとは? Scrum@Scaleは、スクラムの作成者の1人でもあるジェフ・サザーランド氏によって考案されたスクラムをスケーリングするための考えかたです。 詳細は公式のガイドが各国語版…

Chatworkの開発チーム活動を支えるSaaSサービス

…眼を置いた使い方と、スクラムボードを利用しチームバックログとスプリントなどスクラムを主眼に置いた使い方があります。 どちらの使い方でも、GitHub と連携させてタスクとプルリクエストを連動させたり、Confluence と連携させてドキュメントへシームレスに連携させたりなど、細かなカスタマイズをチーム毎に行っています。 Miro マインドマップやチームレトロスペクティブ(振り返り)など、モブワークを視覚的に行うようなチーム活動において Miro を利用しています。 開発メン…

データ構造と代数構造への招待

…勉強会,アジャイル・スクラムの勉強会,アルゴリズムの勉強会,etc …, 業務の一環としてさまざまな勉強会が実施されています。 日々研鑽を積みながら、チャレンジングな開発に挑戦していきたい方は、ぜひ弊社へ 💪 recruit.chatwork.com *1:https://twitter.com/guvalif/status/1317719718002749441 *2:この記事では、可変長配列を考えています *3:列と連結操作のみ考えたものを、数学用語では "自由マグマ" …

Chatwork の Scala プロダクトとそれを支えるチーム その弐

…la のチームでは、スクラムをベースとした開発プロセスを踏んでいます。 現在のところ、厳密なスクラムではなく、タイムボックスを区切ってリズムを作り、自分たちで(ときには差し込みで)タスクの優先順位を決め、日々の開発を回しています。 朝会(デイリースクラム) サーバーサイド開発部 Scala のチームでは、朝 10:30 過ぎくらいに朝会を実施しています。 内容としては、スプリントでアサインされたタスクに対し、取り組んでいることを説明し、達成するのに障害となっていることがあれば…

スコープとスケジュールを継続して計画する方法

…をチームで実施する スクラム3 で課題解決に取り組む 得たいモノのイメージを共有する まずは、どういったモノが欲しいのか、そのイメージを共有します。 所謂、プロダクトバックログと、バーンアップチャートなのですが、それがどういったモノなのか、人によって想定するモノが異なると思います。 擦り合わせのためイメージを共有します。 プロダクトバックログのイメージ プロダクトバックログ(PBL)の定義は、 The Scrum Guide に書かれています。 プロダクトバックログは、プロダ…

プロダクトマネージャーカンファレンス 2020 に登壇しました 👨‍🏫

…も機能しているので、スクラムで改善を回すような動きも導入している Q. PM 同士での対話を担保する会議体は、PM のみで行われるのか? A. PM のみで行われる会議体もあるが、必ずしもその限りではない PM が集まる会議体の内、PRD: Product Requirements Document を持ちよるものがあるので、そこで課題感や世界観のズレがないのかを見ている ただし、フィードバックをとりいれるのは、あくまでも各担当 PM の裁量に委ねている Q. 石田は初の P…

リモートワークしながら自転車で1500km旅してきた

…ワクします。デイリースクラムのあとは、「3, 2, 1, バンジー!」というかけ声、悪くないかも知れません。 八ッ場ダムから山に向かっていきます。品木ダムを目指します。 ダムは水を貯めておくためのものが多いですが、こちらは水質改善用のダムです。品木ダムの上流は強酸性の河川になっています。そこに石灰をつっこんで中和しています。その結果でた中和生成物を貯めておくためのダムです。このダムがあることで下流では清流となって魚も住めるようになるそうです。私も品木ダムのように、動物や人々の…

Chatwork初のサマーインターンシップ『'19in大阪』、未来のScalaエンジニア(?)7名に突撃インタビュー!

…だドメイン駆動設計やスクラムの知識をここでバッチリとアウトプットできたので、「身についた感」を実感できました。 全体の印象としては、会社の雰囲気がとても良いなと感じました。 長村秀一さん (大学生) Q. 長村さんのアピールポイントを教えてください 大学の講義で C#、情報系サークルでプログラミングの勉強をしています。大学ではヒトの高次認知機能、特に意思決定に関する研究を始めたところです。 実は自分は周囲の話を「聞くほうが得意」なタイプだと思っていたのですが、今回のインターン…