Chatwork Creator's Note

ビジネスチャット「Chatwork」のエンジニアとデザイナーのブログです。

ビジネスチャット「Chatwork」のエンジニアとデザイナーのブログです。

読者になる

【GASで業務効率化】営業時間外にChatworkに自分宛てに問い合わせがきたら自動応答する

こんにちは、Chatworkカスタマーサクセスチームのさかぐち(cw-sakaguchi)です。

「Google Apps Script」を利用して「業務効率化」する手順を不定期に更新していこうと思います!

よろしくお願いします!

最近、お客さまよりいただいたお声で

お客さまとやり取りしているグループチャットで「営業時間外の問い合わせに自動で定型文を返したい」というご要望を聞きました。

今回は「営業時間外にChatworkに自分宛てに問い合わせがきたら定型文を返す仕組み」を作成しようと思います。

イメージ

目次

Google Apps Scriptとは

gsuite.google.co.jp

Googleが提供しているJavaScriptベースのスクリプト言語です。

インストール作業は不要でGoogleのサーバーで実行されます。以下のものがあれば実行することができます。

  • Googleアカウント
  • ネットワーク環境
  • ブラウザ

手順

早速「営業時間外にChatworkに自分宛てに問い合わせがきたら自動応答する仕組み」の手順を紹介していきます。

Chatwork API Tokenの発行

Chatwork APIを利用して定型文を送信するため、Chatwork API Tokenを取得します。

以下の手順に沿って発行してください。

APIトークンを発行する – ヘルプ | Chatwork

取得できた「API Token」はメモ帳などに保存してください(後ほど使います)

自動返信するグループチャットの「ルームID」を取得

自動で定型文を送信したいグループチャットの「ルームID」を指定します。

以下の手順で確認してください。

ルームIDを確認する – ヘルプ | Chatwork

確認した「ルームID」はメモ帳などに保存してください(後ほど使います)

「Google Apps Script」の作成

1.「ドライブ」を開き、「Google Apps Script」を新規作成

「Google Apps Script」を新規作成

2.プロジェクト名を設定し、「OK」をクリック

プロジェクト名を設定

3.以下のコードをコピペし、【編集対象】と書かれている部分を修正

// 【編集対象】Chatwork API Token
const token = 'ここにChatwork API Token';
// 【編集対象】営業時間(数字4桁、例:8時→0800、20時30分→2030)
const open_time_hhss = '0900';
const close_time_hhss = '1000';
// 【編集対象】自動応答対象グループチャットのルームID
const target_room_id = '999999999,999999999,999999999';
// 【編集対象】自動応答メッセージ
const replay_message = '申し訳ございません、営業時間外となります。';

function doPost(e) {

  let json = JSON.parse(e.postData.contents);
  let from_account_id = json.webhook_event.from_account_id;
  let message_id = json.webhook_event.message_id;
  let room_id = json.webhook_event.room_id;

  let send_time = new Date(json.webhook_event.send_time*1000);  // メッセージ送信時間
  let open_time = getDateFromString(open_time_hhss);  // 営業時間(開始)
  let close_time = getDateFromString(close_time_hhss);  // 営業時間(終了)

  if(send_time < open_time || close_time < send_time){
    // 営業時間外か
    if(checkRoomID(room_id)){
    // 自動応答対象のグループチャットの場合、定型文を送信
      var message = '';
      message += '[rp aid=' + from_account_id;
      message += ' to=' + room_id + '-' + message_id + '] ';
      message += replay_message;
      var client = ChatWorkClient.factory({token: token});
      client.sendMessage({
        room_id: room_id,
        body: message
      });
    }
  }
}

// 文字列(hhss)をDate型にして返却する
function getDateFromString(hhss){
  let date = new Date();
  date.setHours(hhss.substr(0,2));
  date.setMinutes(hhss.substr(2,2));
  date.setSeconds(0);
  return date;
}

// 指定したグループチャットのルームIDか判断する
function checkRoomID(room_id){
  if(target_room_id.split(',').includes(String(room_id))){
    return true;
  }
  return false;
}

4.ライブラリの読み込み

Chatworkへメッセージ送信は「Chatwork Client for Google Apps Script」を利用します。

(1)ライブラリを選択

「ライブラリ」を選択

(2)プロジェクトキーを追加し、必要な設定をおこない「追加」をクリック

プロジェクトキー: M6TcEyniCs1xb3sdXFF_FhI-MNonZQ_sT

ライブラリの追加

※ 最新バージョンを選択してください。

5.「公開」メニューの「ウェブアプリケーションとして導入」をクリック

ウェブアプリケーションとして導入

6.必要な設定をおこない、「Deploy」をクリック

Deploy as web app

7.「Current web app URL」をメモ帳などに保存(後ほど使います)

Current web app URL

8.「OK」をクリック

Chatwork Webhookの設定

自分宛てのメッセージがきたときに作成したスクリプトを動かす設定をします。

1.Chatwork画面右上のメニューより「サービス連携」をクリック

サービス連携

2.「Webhook」をクリック

「Webhook」をクリック

3.「新規作成」をクリック

「新規作成」をクリック

4.必須項目を入力し「作成」をクリック

必須項目を入力し「保存」をクリック

  • Webhook名:(わかりやすい名前)
  • Webhook URL:(メモした「Current web app URL」)
  • イベント:アカウントイベント

動作確認

指定した営業時間外にTO指定してメッセージを送信すると、定型文が自動で返信された!

動作確認

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は「営業時間外にきた自分宛てのメッセージに定型文を自動返信する仕組み」を作成しました。

よいGAS生活を〜